title_iconシンガポールビザ申請 12歳未満のお子様の予防接種証明書提出を義務化


no1シンガポールのビザ申請に関する変更点。
シンガポール保健省はジフテリアと麻疹の流行を防ぐために2019/2/1より、12歳未満のお子様のビザ申請にはジフテリアDiphtheriaと麻疹Measlesの予防接種が義務になりました。(Ministry of Health Singapore)


no2シンガポールのビザ申請の診断書・予防接種について。
日比谷クリニックでは、母子手帳をもとに12歳未満のお子様のビザ申請に必要な診断書(予約制)予防接種の対応が整っております。お気軽にご相談ください。
予約電話番号(留学・ビザセンター):03-3217-1105


title_iconシンガポール政府、Ministry of Healthより抜粋


1.  保健省(MOH)は、2019年2月1日から有効なシンガポールでの長期入国許可証の申請の前提条件として、ジフテリアとはしかの予防接種の記録を外国人の子供が提出することを要求します。

予防接種による個人の保護

2. 予防接種は人を感染症から保護するものであり、感染の影響を受けやすく、深刻な合併症を引き起こす可能性があるため、子供にとって特に重要です。集団における高レベルの予防接種の適用範囲は、予防接種を受けるには若すぎるまたは病状のために予防接種を受けることができない人々に対しても保護を提供し、それによって群れ免疫をもたらし、それによって地域集団発生のリスクを減らす。

3.  1977年と1985年に、感染症法(IDA)に基づき、ジフテリアと麻疹(子供がより感染しやすい2つの非常に伝染性があり深刻な病気)の予防接種が法律で義務付けられました。居住者[1]子供コホートによる予防接種の取り込みは、一貫して高い[2]

4. しかし、外国生まれの子供たちの中で、近年、ジフテリアやはしかの予防接種を受けていない、または予防接種の状況を確認できない人の数が増えています。シンガポールのすべての子供たちの間で高い予防接種率を確保するために、MOHは、シンガポールで長期入国許可証を申請する外国生まれの子供たちの前提条件として、ジフテリアとはしかの予防接種に関する文書の提出を要求します。

予防接種記録の提出

5.  2019年2月1日から有効で、12歳未満の外国生まれの子供で、人的資源省(MOM)によって発行されたDependant’s Pass(DP)またはLong Term Visit Pass(LTVP)を申請している。入国管理局(ICA)が発行したパスは、検証のために、予防接種の証明書、またはジフテリアとはしかに対する免疫の証拠を健康増進委員会(HPB)に提出することを要求されます[3]。彼らは、シンガポールでの長期滞在のためにMOMまたはICAへの申請を進める前に、そうする必要があります。

6. 申請時に必要な予防接種の期限が到来していない子供の保護者は、子供がシンガポールに入国した後に予防接種をフォローアップする必要があります。

7. 医学的な理由で免除を希望する人は、HPBに医師認定の書類を提出する必要があります。

8. 既存のパス保有者[4]は、パスを更新するとき、または新しいパスを申請するときに要件の対象になりません。

9. 保健省はMOMおよびICAと協力して、影響を受ける長期入国審査合格者に全国の小児期予防接種要件を通知する。私たちはまた、教育を強化し、予防接種に関する取り組みを継続していきます。現在の対策には、保護者への予防接種スケジュール、HPBから保護者への予防接種の注意喚起、および就学前学校と小学校による行政チェックを強調するための、生れた健康小冊子(シンガポール生まれの子供向け)の提供が含まれます。


[1]これは、シンガポール市民および永住者である子供を指します。

[2]例えば、2016年のワクチン接種率は、小児1人のMMR(はしか、おたふく風邪、風疹)用量1が99%、DTP(ジフテリア、破傷風、百日咳)が97%であった。 5人の子供

[3] HPBの所要処理時間は約10営業日です。申請者は、提出された文書化されたワクチン接種証明または免疫の証拠を検証したというHPBの通知を受けた後、MOMおよびICAでの長期入国許可証を申請することができます。

[4]既存のパス保有者とは、2019年2月1日以降に申請された時点で有効な長期入国審査パス(すなわち、MOMによって発行されたDP、LTVP、ICAによって発行されたSTP)を指す。

詳しくは Ministry of Health Singapore>>

page_top