Recruit
HOME > 社員募集
ご予約

社員募集

日比谷クリニックでは、ただいま
事務正社員
を募集しています。
社員募集
  • 当院にご来院される多くの方々は、海外出張者や海外赴任者、その帯同ご家族、海外旅行者などです。
  • 今回募集するのは「一般事務スタッフ」です。医療事務とは異なる業務ですので、専門的な資格は必要ありません。医療機関でのお仕事の経験がない方でも、安心してご応募ください。
  • 主な業務内容は来院者の対応および、その個人情報のデータ入力・カルテ作成、書類作成、電話対応などとなります。
  • 来院者が安心して海外生活を迎えられるよう、当院のサポート役として柔軟なご対応をお願いします。コミュニケーション能力を発揮して、細やかで温かいサービスを提供できる方をお待ちしています。
募集詳細
募集内容一般事務、データ入力、電話対応、予約業務
勤務時間平日9:40~19:00(13:00~14:30 お昼休み)
土曜(隔週)9:40~13:00
休日日曜・祝日・土曜(隔週)・夏季休暇・冬季休暇
給与月給17万円+住宅手当3万円+皆勤手当て1万円
賞与2回
昇給1回
待遇交通費全額支給
社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
退職金制度有り(勤続3年以上)
有給休暇付与(6ヶ月経過後)
応募要件未経験者歓迎
パソコン操作可能な方(Excel・Word・Access等)
応募方法履歴書(写真貼付)を所在地宛に郵送
書類送付先〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-5-2 東宝ツインタワービルB3F
日比谷クリニック 採用担当者宛
TEL:03-3502-2681
募集・採用時における個人情報の取扱いについて

当院は、募集・採用選考の際、応募者に関する情報をご提供いただくこととなりますが、そのお預かりした個人に関する情報の取扱いについて、次のように管理し、保護に努めて参ります。


募集・採用時における個人情報の範囲
個人情報とは、個人に関する情報であって、氏名、生年月日、住所、電話番号、FAX番号、電子メールアドレス、履歴書や職務経歴書等の記載事項、前記以外の情報のうち、他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別できる情報のことをいいます。

利用目的の表示
取得した個人情報は、当院採用活動、および採用後の適切な雇用管理の為のみに利用します。これらの目的以外に取得した個人情報を利用することはいたしません。

個人情報の開示・訂正・削除
取得した個人情報は、常に正確かつ最新の状態で管理するように努めています。個人情報の開示、訂正、削除の要請があった場合には、厳正な本人確認の後、以下の分類によりそれぞれの対応を定めております。


●採用活動中の方の個人情報について
本人の要請に応じて合理的範囲内で開示、訂正、削除に応じます。ただし、採用判断に関わる情報の開示は業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがあるため応じておりません。

●採用された方の個人情報について
就業期間中は、雇用管理の範囲内において管理・保管します。

●不採用となった方の個人情報について
採用記録等の個人情報は、当院の定めにより一定期間に渡り管理・保管した後、適切な方法により廃棄・削除を行いますので書類の返却は致しません。

●退職された方の個人情報について
退職した日より、当院の定めにより一定期間に渡り管理・保管した後、適切な方法により廃棄・削除をおこないます。


募集・採用時における個人情報の取扱いに冠するお問い合わせについては、下記までお問い合わせください。
日比谷クリニック TEL:03-3502-2681
お問い合わせは下記まで
日比谷クリニックTel. 03-3502-2681
海外留学という素晴らしい夢を、
しっかりとサポートしていきたい!
留学担当 市川 亜希子

●現在の業務内容を、具体的に教えてください。

市川:海外の大学などに留学される方、あるいは親の海外赴任に帯同し現地の学校に入学されるお子様。そのいずれの場合でも、海外の学校には必ずこの予防接種を受けないといけない、こういう検査をしてデータを提出しなさいといった細かい指示があります。それに準じて、当クリニックで必要な予防接種や検査を行っています。
私は留学担当としてそれら全般の対応を行い、必要な留学診断書を作成することが中心的な業務です。しかし、学校によって求めるものがそれぞれ異なるという煩わしさが生じます。留学希望者のところには、各学校から入学に必要な英文の書類が届きます。私はその書類を一旦お預かりしてすべて読み込み、この学校は何が必要なのかを読み取っていきます。細かいところも読み飛ばさずに、丁寧に、しかもスピーディーに読み取り、留学希望者一人ひとりの診断書を作成していきます。
市川亜希子
●まずは、英文の読解力が求められる訳ですね。

市川:予防接種と検査関係のページだけ読めばいいのなら、非常に効率的なのですが、そうはいきません。別のページに血液検査は必須であるとか、胸部レントゲンも必要などと重要なことが書かれている場合もあるからです。その掲載場所が全部学校によって違うため、必然的に膨大な書類のすべてに目を通さなければ、正確な留学診断書を作成することはできないのです。私が必要なデータを読み取った後は、ナースチームに引き継ぎます。そしてスケジューリングに基づいて、必要な予防接種や検査を行っていただきます。
予防接種や検査が終わり、結果が出ると、今度は各学校が送ってきたフォーマットに必要な情報を英文で記載していくことになります。間違いのないよう正確な情報を入力しなくてはならないので、相応の集中力が求められることは言うまでもありません。
留学以外ではビザに必要な書類の作成、海外で開催されるマラソン大会に参加される方の問診票などの作成も行っています。


●以前は、どんな仕事をされていたのですか?

市川:保険関係の会社でアシスタンス業務に就いていました。日本から海外へ行かれた方が事故に遭われたり、病気になられた場合、現地の病院を紹介する。またお客様ご自身が治療費を払わなくても済むキャッシュレスの手配をする。そうした業務を中心的に行っていました。後は、逆に日本に来られた外国人のお客様に、日本の病院を紹介する、キャッシュレスの手配をすることもありました。


●英語と医療については経験されていた訳ですね?

市川:そうですね。留学とは異なりますが、かなり近いことを行っていた部署もありました。私のいた部署は、そこと仕事上関係があったので、そういう意味では私の経験を当クリニックで活かせるかなとは思いました。
4月1日に入ったので、もう3ヵ月が経ちました。海外の学校は9月スタートなので、私たちが行っている留学サポート業務は、これから夏場に向かってピークを迎えます。その前に日本語学校に入られる方もいますので、実は現在も忙しい状態は続いています。ワクチンルームと自分の席、そしてお客様、この三角形が私の守備範囲です。


●どんな人がこの仕事に向いていると考えますか?

市川:外国人のお客様もいらっしゃいますので、英語が話せるに越したことはありません。でも、最初に申した通り、英文の読み取りが大きなウエイトを占めます。書類の読み取り、書類の作成などが中心的な業務になりますので、やはり事務作業をきちんとこなせる方が基本的には向いていると思います。
医療に関する知識も、もちろんあれば役立つことは確かです。特に小児科経験のある方なら、母子手帳の読み方、ワクチンの種類や接種のスケジュールなどが頭に入っているので適していると思います。でも、私自身がワクチンのことはまったく素人でしたが、看護師さんをはじめ周りの方々に丁寧に教えていただけ、しっかりと覚え込むことができました。
何よりも必要なことは、周りのスタッフと上手くやっていける、つまりコミュニケーション力の高い人だと実感しています。お客様、ドクター、看護師、同僚…、多くのスタッフとしっかりと連携することが重要です。
ワクチン接種など身体に関係する仕事なので、分からないことは分からないと正直に言えることは、すごく大切。あいまいなまま進めてしまうと非常に危険です。フレキシブルな対応力とコミュニケーション力をお持ちの方なら、絶対にマッチする職場だと思います。


●最後に、この仕事のやりがいを教えてください?

市川:海外留学というのは、その子にとってとても大きな決断をして決めた素晴らしい「夢」だと思います。その留学という「夢」の実現をサポートをする仕事ですので、つねに絶対にミスのない留学診断書を作成してあげたいと思いながら仕事に取り組んでいます。書類を作成してあげた子たちから「留学、無事通りました!」と連絡が来たときは、本当によかったという気持ちになります。正直楽な仕事ではありませんが、そんな留学生たちの夢をこれからもしっかりと支えていきたいと考えています。
Page TOP ▲