title_icon日比谷クリニックの歴史


russia_title02 トラベルクリニックはなぜ生まれたのか?

book_icon誕生ストーリー

1960年、東京日比谷の地に、初代院長・奥田廣男が循環器内科のクリニックとして開院したのが日比谷クリニックの始まりです。終戦から15年が経ち、少しずつ活気が戻ってきた日本。ここ日比谷周辺も、帝国ホテルなどを中心として海外の要人が集まる最先端の街として、日を追うごとに賑やかになっていきました。

この地域の特性で、日比谷クリニックに来院される人々も自然と国際色豊かな海外の方が来院し ました。その対応の中で海外に戻られる場合や、日本の方が海外に行く場合に備え、天然痘やコレラなど多くの予防医療対策の必要に迫られていきました。当時はまだ、世界に“トラベルクリニック”いう概念さえない時代です。

一つひとつ渡航先の国の情報や、あらゆる渡航先の問題点を洗い出し、問題解決の糸口を探る日々が続きました。予防接種の種類や、診断書の形式など各国に合わせ、悩みながら事例を積み重ねていった結果、徐々に今ある形に進化していきました。「海外へ安心して渡航したい」と願う人たちとともに創り始め、時間をかけて誕生した安心の医療サービス、それがトラベルクリニックなのです。

history_yellow
1965年に日比谷クリニックが発行した天然痘予防接種の証明書通称イエローカード(ICVT)
page_top
russia_title02 日比谷クリニック 取り組みの歴史


book_iconTRAVEL CLINIC HISTORY & STORY

時代の流れの中で、人々はいろいろな国々に旅立つ機会が増えていきました。
その目的や渡航する国々に呼応するべく、私たち日比谷クリニックも対応力を高めてきました。
これからも新たなニーズに応えるために、広い視点で医療の未来を開拓していきます。

title_icon1960年~1970年
日比谷クリニックの歴史 世界の流れ
1960年
日比谷の地に初代院長 奥田廣男により開院、循環器内科の小さなクリニックとして誕生する。地域の特性もあり海外の要人も多く、国際色豊かな街の中で日比谷クリニックの歴史の第一歩が始まる。
戦後からようやく立ち直り、焼け野原も整備され、街のインフラが少しずつ復興、人々が活気を取り戻す。
1965年
天然痘のワクチンを取り扱い始める。
高度成長期、海外との貿易も盛んになり、日本の産業が息を吹き返し世界に追いつく形で経済が発展する。
1965年
帝国ホテルの患者様も来院。
その中には海外の患者さまも多く、その対応の中から、海外と日本の間には医療のたくさんの問題があることを発見する。
history_img01
history_img02
page_topyajirushi_history
title_icon1970年~1990年
日比谷クリニックの歴史 世界の流れ
1960年
日比谷の地に初代院長 奥田廣男により開院、循環器内科の小さなクリニックとして誕生する。地域の特性もあり海外の要人も多く、国際色豊かな街の中で日比谷クリニックの歴史の第一歩が始まる。
戦後からようやく立ち直り、焼け野原も整備され、街のインフラが少しずつ復興、人々が活気を取り戻す。
1965年
天然痘のワクチンを取り扱い始める。
高度成長期、海外との貿易も盛んになり、日本の産業が息を吹き返し世界に追いつく形で経済が発展する。
1965年
帝国ホテルの患者様も来院。
その中には海外の患者さまも多く、その対応の中から、海外と日本の間には医療のたくさんの問題があることを発見する。
history_img03
history_img04
yajirushi_history
title_icon1990年~2010年
日比谷クリニックの歴史 世界の流れ
2001年
日比谷クリニックの院内でも予防接種、健康診 断、各種診断書などのフォーマット化が進み、今のトラベルクリニックのベースとなるサービスが 形になる。
1993年
EUが設立され、ヨーロッパへのビジネスチャンスが見込まれ渡航が増える。

2001年
二代目院長 奥田丈二 就任。
アメリカの景気が追い風となり、BRICSに 投資が集まり新しい成長国が出現。新たな渡航先が増える。 また、ASEANの成長も活発化する。
2008年
東宝ツインタワービルに移転、海外赴任を必要と する企業の需要を先取りをして、ワンストップでト ラベルクリニックに関わる医療サービスが受けられるように院内環境を整える。 
インド、ドバイを筆頭にアジア、中東エリアが新たな渡航先として成長を見せる。
page_top
history_img05
history_img06
yajirushi_history
title_icon2010年~現在
日比谷クリニックの歴史 世界の流れ
2013年
海外健康管理プログラムを開発。海外渡航者が渡 航先でさらなる安心と医療サポートを受けられるサービスを開始。
アフリカ、ロシア、東欧、南アメリカなどの国々にも渡航者が足を広げ、次の時代のアンテナを張り始める。
2014年
海外渡航者健診センターを設立。トラベルクリ ニックという新しいカテゴリーの医療サービスが認知され始める。
世界中で、日本の役割が高まり、必要性が増していく。
2015年
留学・ビザセンターを設立。業務の正確さとスピード アップを両立させるため、各種診断書を効率よく作成できる環境を整える。
history_img07
history_img08

yajirushi_historyhistory_img02

page_top